原鶴温泉についての情報が満載です!

和洋の料理が楽しめる原鶴温泉

和洋の料理が楽しめる原鶴温泉 若い女性の間で人気観光地となっている原鶴温泉は、明治12年に開湯した温泉地になります。
ここには2020年7月時点で計25の飲食店が建ち並び、九州の軽井沢という呼び名もあるほどです。
フレンチやイタリアン・トルコ料理を提供する飲食店が2015年以降に新たに誕生し、歴史がある温泉街で和洋の絶品料理を味わえるスポットとして数多くの観光ガイドサイトやブックで紹介されたほどです。
原鶴温泉は福岡市から車で1時間で向かえる近場の温泉地であり、日帰りで料理を味わいに来る方々も多くいます。
飲食店の中には原鶴温泉の源泉を料理に使用しているところもあり、イタリアンレストランでは自家製パスタを作るのにも活用されているほどです。
若い女性客が多くこの場所に集うのは、美味しい料理と美肌効果がある弱アルカリ性の温泉の両方を満喫するためだといえます。
観光ホテルでは温泉街にある著名なレストランと提携された限定プランを用意されているところもあり、フレンチのフルコースを味わって宿泊もできます。

福岡と大分の県境に位置し、和風の老舗旅館が軒を連ねる原鶴温泉

福岡と大分の県境に位置し、和風の老舗旅館が軒を連ねる原鶴温泉 福岡県朝倉市の原鶴温泉は、143㎞の清流を誇る九州一の大河・筑後川沿いにある良質な美人の湯です。
大分自動車道・杷木ICから約4㎞の所に位置する県内屈指の規模を誇る温泉地で、トロトロした肌触りが特徴です。
肌の古い角質や角質層に含まれるメラニンも落として肌を色白にしたり、さらに温泉らしいほんのり漂う心地よい湯の香は温泉のアロマテラピー効果を発揮してリラックス効果も高めます。
そして県内随一の豊富な湯量を誇る原鶴温泉のおすすめ和風温泉宿は、九州初の畳風呂で洗い場の冷たさを解消。
肌触りも柔らかく滑りにくいので足腰の弱い人も安心して利用できます。
朝食には原鶴温泉湯豆腐や鮎刺し、杷木町のフルーツなど、九州産の60種類以上のメニューが常に並んでおり、朝から沢山食べられます。
原鶴温泉街の目の前には、夏の風物詩「鵜飼い」を眺めることもでき、9月末までのシーズンには全国から観光客が多く訪れ、屋形船で鵜飼を鑑賞しています。

新着情報

◎2020/10/28

庭園が自慢の原鶴温泉旅館
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「温泉 料理」
に関連するツイート
Twitter